日本政府、ヤンゴンのごみ処分場に機材供与

日本政府は18日、ミャンマー最大都市ヤンゴンにある廃棄物最終処分場向けに、ガスなどの測定器をはじめとした機材一式を供与すると発表した。供与総額6億2,400万円の無償資金協力として、丸山市郎駐ミャンマー大使とビジェイ・カマチャリャ国連人間居住計画ミャンマー事務所長が同…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

地場民間企業の8割、自然災害への備えなし(15:08)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

タイ周辺3国、人材が課題 人件費に利点も長期的視点が必要(09/16)

中国との国境貿易、橋襲撃後に運送費が高騰(09/16)

ラカイン州、タンドウェ空港が国際空港に(09/16)

中部でヤシ糖工場が稼働へ、日本などに輸出(09/16)

ヤンゴンのダラ新都市、韓国LHなどと覚書(09/16)

韓国の国民銀、低所得者向け住宅事業を支援(09/16)

東光電気工事、ベトナム・ミャンマー強化へ(09/16)

青果卸売MAEX、来年初めにも上場の意向(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン