• 印刷する

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…

2月10日、南東部の浦項でマグニチュード(M)4.1の地震が起きた。海の深いところで起きたために大きな被害は起きなかったが、ここ数年、比較的大きな地震が起きているため不安に思う住民が多いようだ。

1978年の観測開始後で最も大きな地震は、16年9月に慶州で起きたM5.8の地震だ。翌17年11月には浦項でM5.4の地震が起き、建物の外壁が崩れるなどの被害が出た。浦項周辺には、南北に走る活断層があり、気象庁によると最大M6.0規模の地震が起きる可能性があるという。

問題は耐震設計が施された建物が少ないということだ。16年の地震後に、政府は耐震設計の基準を引き上げる対策を講じた。しかし、「韓国は地震とは無縁」と考える人が多く、耐震設計の重要性を感じていない人が多いのが実情だ。日本の地震はもはや、対岸の火事ではないというのに。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国と日本では犯罪者に…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

日韓対立で求職者にジレンマ 就職に悪影響、イベント延期も(09/24)

経済専門家の半数、今後経済危機の可能性(09/24)

給与所得者18年の年収、前年比4.6%増(09/24)

現代自インド法人、昨年度は21.5%増益(09/24)

現代ケフィコ、第2工場とR&Dセンター(09/24)

8月輸入物価指数、前年同月比で横ばい(09/24)

遠伝、韓国TV局と提携で5G生番組配信(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン