• 印刷する

西カリマンタンに新空港、22年開港目標

インドネシアのブディ運輸相は18日、西カリマンタン州シンカワン市に新空港を建設する計画を明らかにした。官民連携の枠組みで投資家を募り、2020年に着工、22年の開港を目指す。

シンカワン新空港は、同州ポンティアナックのスパディオ国際空港から直線距離で北に約130キロメートル。敷地面積は151ヘクタール。当初、滑走路の長さを1,400メートルとし、将来的にはボーイング737機が着陸できるように2,600メートルまで延伸する。

ブディ運輸相は「シンカワン新空港が完成すれば、ポンティアナックから陸路で4~5時間かけてシンカワン市まで来る必要がなくなる」と述べた。

ブディ運輸相(右から2人目)は18日、シンカワン新空港の建設予定地を視察し、完成予想模型図の説明を受けた(運輸省提供)

ブディ運輸相(右から2人目)は18日、シンカワン新空港の建設予定地を視察し、完成予想模型図の説明を受けた(運輸省提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(18:22)

三菱自、トライトン1747台を自主回収(17:33)

国営ガス、スラバヤのLNG基地を近く着工(16:56)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(15:25)

ゴジェックと動画・食品で提携 クールジャパン、5千万ドル出資(10/18)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

来年の州・地域最低賃金、8.51%引き上げへ(10/18)

8月二輪車輸出台数8万台、単月で過去最多(10/18)

豪議会、インドネシア・香港とのFTA批准へ(10/18)

国営電力、EV充電施設の普及で20社と覚書(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン