【インドを解く】18/19年度ラビ作

第503回 農業省が発表した2月15日時点のラビ期(冬季)作の植え付け面積は、小麦が前年同日比0.5%減の約2,985万ヘクタール(Ha)、ラビ作米が14.3%減の340万Ha、豆類が6.0%減の1,563万Ha、トウモロコシ等の雑穀類14.6%減の487万Ha、油糧種子は0.7%減の804万Ha、全体で約4.0%…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドを離れる友人と、…(04/24)

倉庫面積が22%増と急拡大 GST追い風、22年には2倍に(04/24)

3月の国内線旅客数、0.1%増に急減速(04/24)

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持(04/24)

独VW、排ガス不正問題で最高裁に上訴(04/24)

シュコダ、スパーブに新型ローンを導入(04/24)

鋼材ウッタム系2社の再建案、銀行団が承認(04/24)

ビール販売、18年は前年比4.6%増(04/24)

太陽光複合事業、入札期限を5月14日に延期(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン