• 印刷する

テイクオフ:海外から帰省した際に日…

海外から帰省した際に日本の変化に驚くことはよくあることだ。そう分かっているつもりだったが、それでも今回はちょっとびっくりした。

今月、春節(旧正月)連休に合わせて数日ほど東京に立ち寄ったのだが、食事をしようと入った飲食店に外国人スタッフが必ず1人はいた。外国人の店員が増えているのは以前からの現象だろうが、帰省時の数日間で入店した複数の店ではいずれも外国人従業員がおり、これは初めてのことだった。しかも、彼らは店のルールだけではなく、日本人への接し方や日本の文化風習をよく理解していることでさらに驚いた。

見方を変えれば、日本で働く彼らと中国で職を得ている自分も同じ立場。こちらは楽しい一時帰国だったが、日本で働く外国人の中には春節の帰省を我慢している人もいるだろう。そう考えると彼らへの共感、感謝の念がさらに増した。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(14:19)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

増値税の仕入れ控除を拡大 旅客運輸も対象、減税策続々登場(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

米中閣僚級協議、28~29日に北京で開催(03/22)

スービック鉄道などへのODA、中国と協議(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン