• 印刷する

ホテル飲食店業界、最低賃金の見直しを要求

インドネシア・ホテル・レストラン協会(PHRI)は首都ジャカルタ特別州政府に対し、ホテル業界に適用されるセクター別最低賃金を見直すよう求めている。18日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

今年のホテル業界の最低賃金は月額413万8,022ルピア(約3万2,400円)、前年から8.03%引き上げられた。

PHRIのハリヤディ会長は「ホテルやレストランなどでは、チップとは別に従業員に利益を還元する『サービス料』が請求額に含まれているため、最低賃金を大幅に引き上げなくても一定水準の賃金は支給できている」と述べた。最低賃金に関する事業者と労働組合の話し合いは平行線が続いているという。

PHRIのクリシャンディ・ジャカルタ支部長によると、ホテル業界の最低賃金は、州の最低賃金(月額394万973ルピア)よりも5%上乗せされた金額に設定されたが、労組はホテルのランクごとに引き上げ率を変えることを要求。三つ星は6%、四つ星は8%、五つ星は10%にするよう求めている。

セクター別の最低賃金をめぐっては、繊維や小売業界でも、事業者と労組の間で議論が生じている。インドネシア商工会議所(カディン)ジャカルタ特別州支部のサルマン副支部長も「各業界で見直しが必要」と強調した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

首都幹線道路、二輪配車アプリの客待ち禁止へ(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

東南ア最大級の光ファイバー工場を着工(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン