• 印刷する

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム

ミャンマー第2の都市を管轄するマンダレー市開発委員会(MCDC)は、市が保有するごみ収集車250台以上に最新式の車両管理システムを導入した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

同システムではIoT(モノのインターネット)向けのSIMカードを利用する。リアルタイムで、収集車が既定ルートを走行しているか、時間通りに処理場に到着したかなどの位置情報を確認できるため、車両管理や配車の効率化を図ることができると期待されている。

マンダレーのイェ・ルウィン市長によると、新たなシステムでは、収集ルートの間違いなどを回避できる。通信が途絶える、定められたごみ収集場所に到着しない、速度制限を超えて走行するなどした車両には警報が送信される。車両ごとに処理場に到着した回数なども記録されるという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー初の小児肝移植、九大病院(14:09)

スーパーホテルがSEZ進出 「おもてなし」で出張者取り込み(03/19)

ミッソンダム事業中止に向け全国組織設立へ(03/19)

政府、デジタル経済ロードマップを発表(03/19)

住友倉庫、ヤンゴンに駐在員事務所(03/19)

香港上海大酒店、21年に英でホテル開業(03/19)

三井住友建設など、バゴー橋建設を受注(03/19)

安藤ハザマなど、カイン州の橋架け替え受注(03/19)

コショウ輸出最大手セラ、日本に近く初出荷(03/19)

ジーニアスコーヒー農園、3.5万エーカーに(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン