日産会長の権限縮小提言へ、取締役会議長は社外

【共同】日産自動車が設置した外部の弁護士らでつくる「ガバナンス(統治)改善特別委員会」が、カルロス・ゴーン被告が務めた会長職の権限縮小を柱とする提言をまとめる方向で調整していることが17日、分かった。取締役会議長を社外取締役が担うなど経営執行と監督の役割を分け、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

豊田織機、江蘇と山東でカーエアコン部品生産(13:48)

テイクオフ:「麻酔を打つのは、子宮…(10/14)

【書籍ランキング】9月26日~10月2日(10/14)

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ(10/14)

長大、バイオマス発電参入 ミ島北部で再生エネ開発を加速(10/14)

韓国で電動キックボード加速 大企業が投資、米ライムも上陸(10/14)

ダイソンがEV開発断念、採算合わず事業終了(10/14)

9月車販売は28%減の28万台 11カ月連続減、さらなる悪化に警戒(10/14)

太陽誘電、車載向けインダクター量産開始(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン