18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む

カンボジア電力庁(EAC)によると、2018年の電力自給率は85.5%となり、前年の82.2%から改善した。周辺国からの輸入電力に頼る構図に変わりはないが、中国の支援で発電所の整備が急速に進んでいることが自給率を押し上げている。フン・セン首相の号令の下、割高な電気料金の引…

関連国・地域: 中国タイベトナムカンボジアラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

世銀、カンボジアの開発支援に千億円超(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

シエムレアプに観光新都市、客足回復に期待(09/19)

カンボジア商工会議所、メン氏が会頭再選(09/19)

衛星タイコム、カンボジア子会社を売却(09/19)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米ヒルトン、22年までに1号店を首都に開設(09/18)

EU向けコメ輸出額、今年は1割減見通し(09/18)

電気機器の仏ルグラン、新製品の投入強化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン