DBSの通期決算、過去最高益を更新

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスが18日発表した2018年12月期決算は、純利益が55億7,700万Sドル(約4,547億8,200万円)となり、前期比28%増加した。特別損益を除いても同じく28%増の56億2,500万Sドルで、過去最高益を更新した。 売上高に相当する経…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

JCB、小売店で現金引き出しサービス(19:19)

NEC、地場社とオンデマンドバス実証実験(19:47)

中国と9件の覚書、通関手続き簡素化など(20:05)

第4世代指導者、対中経済交流重視を表明(19:19)

改定FTAが発効、中国とシンガポール(17:16)

テイクオフ:以前から気になっていた…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

手技整体「平松式」が海外1号店 健康維持に貢献、人材育成も視野(10/16)

リバネス、東南ア新興支援で合弁(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン