タッチンゴーのRFID、登録者10万人突破

マレーシア金融大手CIMBグループの傘下企業で非接触型自動決済カード「タッチンゴー」を運営するタッチンゴー(TnG)の無線周波数識別(RFID)を利用した高速道路料金支払いシステムの登録者数が先月末で10万人を突破した。国営ベルナマ通信が伝えた。 同システムは昨…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ザキル・ナイク氏に対す…(08/26)

CEO景況感、3Qも低水準 4四半期連続で100割り込む(08/26)

首都移転の決定に賛否両論 地方は恩恵期待、疑問視の意見も(08/26)

川崎重工がバイクの販社設立(08/26)

景気先行指数、6月は2カ月連続マイナス(08/26)

スバル、新型「フォレスター」発売(08/26)

RM1=25.4円、$1=4.19RM(23日)(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

KL国際空港でシステム障害、25日までに復旧(08/26)

下期にインフラ投資回復、運輸業界に恩恵(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン