対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も

2018年のインドから日本への輸出額は6,076億円で、前年比1.3%増の低い伸びにとどまった。インドが同じ新興国としてライバル視する中国は、米国との貿易摩擦の激化を背景に、日本との経済上の関係を改善しつつあり、インドの経済専門家からは同国の相対的な地位低下を危ぶむ声が上…

関連国・地域: 中国インド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高級ホテルの価格設定が…(08/21)

現代自、インドシフト鮮明 「グランドi10」新型を世界初投入(08/21)

ベトジェット、12月にニューデリー線就航(08/21)

日系コンビニ開業、5年で2千店目標(08/21)

積水化学、4カ所目の射出成型品工場を新設(08/21)

自動車販売店、7月の小売り総数は6%減(08/21)

二輪ロイヤル、排ガス規制への対応に遅れも(08/21)

EV促進策を一時抑制=政府関係者(08/21)

ソフトB、グロファーズに1.7億ドル出資か(08/21)

企業向けECモグリックス、インド事業拡大(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン