ユニ・チャームは最高益、中国好調

【共同】ユニ・チャームが14日発表した2018年12月期連結決算は、純利益が前期比16.3%増の613億円で過去最高となった。売上高は7.3%増の6,882億円。中国や東南アジアで紙おむつなどの販売が好調だった。19年は約40億円を投資し、中国に「デジタルイノベーションセンター」を設置す…

関連国・地域: 中国日本ASEAN
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

新菱冷熱、ヨマセントラル空調工事を受注(18:16)

〔ポッサムのつぶやき〕世界生活費ランク、豪都市が順位下げる(15:55)

「マールボロ」などを日本に初輸出(14:08)

テイクオフ:世界を駆けめぐったイチ…(03/25)

テイクオフ:国土の狭いシンガポール…(03/25)

【予定】25日 地銀50行強が新たな決済サービス導入ほか(03/25)

JR東日本がお花見イベント 鉄道と桜を組み合わせてPR(03/25)

NEC、広域網構築で実証成功 地場大と共同で既存設備活用し(03/25)

【人事】セック社長に桜井伸太郎氏ほか(03/25)

南北線第1期の開業を宣言 MRT、10年間で200キロ以上に(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン