株価反落、通信スターハブは12.1%安

15日のシンガポールの株式相場は反落。ST指数の終値は前日比13.42ポイント(0.41%)安の3,239.74。売買高は14億2,000万株、売買代金は11億2,000万Sドル(約912億円)。値上がり銘柄は165で、値下がりは249。 個別銘柄では、2018年12月期決算で26.2%の減益となった通信大手ス…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(19:12)

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(19:12)

VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い(11/15)

商工会JCCI、20年1月から部会再編(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

IPCCが知財当局と提携、海外初(11/15)

オートバックス、地場自動車整備社を買収(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

東海東京、デジタル証券取引所運営社に出資(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン