• 印刷する

テイクオフ:インドネシアで生活する…

インドネシアで生活すると、「言葉は国の手形」ということわざをよく思い出す。なまりまではわからずとも、ジャカルタでもたまにスンダ語やジャワ語と思われる言葉を耳にする。

同郷のよしみなのか、お国が同じだと何かと得をする。東西に伸びるフローレス島は、長野県ほどの広さの島の中で6言語以上が話されているという。島中央部の出身でエンデ語を話す運転手と島の西端まで行った際、給油のためにある民家に立ち寄った。その家の親子の会話を聞いた運転手が「お、坊主もエンデ語を話すのか」と話し始めたと思ったら、いつの間にかガソリン代をまけてもらっていた。観光地の受付人と運転手が同郷だと入場料をまけてくれることも多い。

ただよく見ていると、どうも言葉だけではない。どの人も言葉の前に自然な笑顔がある。結局大事なのはこれなのかもしれない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(21:16)

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(21:16)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

首都幹線道路、二輪配車アプリの客待ち禁止へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン