• 印刷する

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資

日本郵便傘下のオーストラリア運輸大手トール・ホールディングスはこのほど、ビクトリア(VIC)州とタスマニア(TAS)州を結ぶ貨物事業の拡張を目的に、3億1,100万豪ドル(約245億円)を投資することを明らかにした。投資は、新たに調達する2隻の貨物船や、VIC州メルボルン港とTAS州バーニー港の改修費用に充てられる。これにより、TAS州からの海外輸出額が拡大する見込みだ。17日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

トールは、過去20年間運航してきた貨物船を3月から新型船に替える。中国で建造された新型貨物船は、従来の貨物船に比べて貨物量が41%増えるだけでなく、自動車輸送用スペースが確保され、冷蔵施設も完備している。また、従来よりも1時間早く、VIC州とTAS州の間にあるバス海峡を渡ることが可能になる。

貨物船や港湾施設の拡張は、顧客の輸送量拡大の要請に応えたもの。トールは、バス海峡の貨物路線で、サケ養殖大手ヒューオン・アクアカルチャー(Huon Aquaculture)や、新聞印刷用紙で欧州最大手のノルスケ・スコグ(Norske Skog)、同州の地場リサイクル企業ワンストップ・メタル・リサイクリングなどを顧客としている。

2017/18年度のTAS州の海外輸出高は36億8,000万豪ドルで、前年度比33%増だった。また、州内総生産の成長率は同年度に3.3%増だった。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パブで食事をしていると…(08/23)

豪GDP急減速の可能性も 中国向け輸出落ち込みで(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

マツダ、豪アフターサービスで4年連続1位(08/23)

〔政治スポットライト〕ベトナム、豪に南シナ海の安保維持要請へ(08/23)

カンタス、石油高と豪ドル安で17%減益(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

豪人は米旅行回避傾向、豪ドル安で=旅行企(08/23)

〔オセアニアン事件簿〕性暴行で有罪の元枢機卿、控訴裁が上訴却下(08/23)

VICとNSW、夏季に停電発生の恐れ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン