大同、台北と新北の不動産3件を売却

家電台湾大手の大同(TATUNG)は15日、完全子会社の尚志資産が台北市と新北市に保有する不動産3件を売却する方針を決めた。尚志資産は、2018年10月と19年1月の2回にわたり不動産処分方針を決めていたが、親会社の大同は董事会(取締役会)で再度審議し、了承した。売却収…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

マイクロンが追加投資、中科に新工場(12:24)

テイクオフ:妻が口紅を買ってきた。…(08/26)

商業3業種ともにプラス成長 7月統計、小売・卸売が過去最高(08/26)

ASUSなど3社、AIスパコンで再提携(08/26)

同欣電子が下期成長に自信、4Qがピーク(08/26)

緯創、興創知能と高精度マップサービス開発(08/26)

DRAMモジュールの18年売上、威剛は4位(08/26)

ゴゴロ、29日から桃園でシェアサービス(08/26)

秋田知事、台北で「秋田牛」トップセールス(08/26)

立万利、ロッテフードと中国で粉ミルク販売(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン