国営製薬キミア、ファプロスの筆頭株主に

インドネシアの製薬大手、キミア・ファルマは13日、国営農園ラジャワリ・ヌサンタラ・インドネシアと、同社の製薬子会社ファプロスの株式売買契約を締結した。ラジャワリが保有するファプロスの全株式4億7,690万株(56.77%)を取得し、筆頭株主となる。 15日付地元各紙によると…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

東京の水産物見本市で5千万ドルの成約目標(15:17)

テイクオフ:あれはクリスマスのころ…(08/20)

ジャワ島初の工業特区指定へ 中ジャワ州クンダル、政令で規定(08/20)

西ジャワ州スメダン、経済特区指定を目指す(08/20)

大規模停電の補償金、10月に支払い予定(08/20)

今年の自動車販売は7%減=トヨタ現法幹部(08/20)

自動車の目標輸出台数、25年に100万台(08/20)

EUのパーム油関税でWTOに抗議書(08/20)

プルマタ銀買収なら5位の銀行に、OCBC(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン