18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み

シンガポール貿易産業省は15日、2018年の国内総生産(GDP、改定値)が、物価変動の影響を除いた実質で前年比3.2%増だったと発表した。速報値の3.3%増からわずかに下方修正された。17年は3.9%増だった。貿易産業省は19年のGDPについて、米中貿易摩擦などで世界経済の先行き…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは多民族国…(08/26)

【識者の見方】ディープテック企業が増加 スタートアップ、医療分野活況(08/26)

JR東が共用オフィス開所、生活サービス強化(08/26)

米中摩擦の最悪シナリオに準備必要=貿易相(08/26)

コアインフレ率、3年4カ月ぶり低水準(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

越境電子決済の市場拡大、新規参入企業も(08/26)

チャンギ空港の貨物取扱量、7カ月連続減少(08/26)

石油ガス開発の米社、東南アジア事業強化へ(08/26)

東京の医師が1億円申告漏れ、法人設置で(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン