保険サンコープが異常気象に悲鳴、45%減益

オーストラリアの保険大手サンコープが、連邦政府に対し、気候変動に関する行動計画を策定し、企業に順守させるべきだと主張している。同社がこのほど発表した2018/19年度上半期(18年7~12月)の利益は、異常気象による自然災害が複数発生し保険金の請求が増加したことから、2…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の環境省が公開した…(08/16)

豪州の防疫強化税、導入遅延 海運業界が猛反発(08/16)

資源依存の中国、豪には強硬態度を取れず?(08/16)

国税局、法律事務所の流出書類利用が可能に(08/16)

7月失業率4カ月連続で横ばい、就業者増も(08/16)

豪ショッピングCの賃料収入、今後10年苦しい(08/16)

豪大手の会計手数料、4割以上が非監査業務(08/16)

VIC、発電所故障で夏季に電力価格高騰か(08/16)

豪の資源中小企に機会、EV普及見込みで(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン