軍系政党が憲法改正案、与党に対抗

【ヤンゴン共同】ミャンマーの軍系政党、連邦団結発展党(USDP)は13日、地方行政区である「地域」と「州」の首相を大統領の任命制から地方議会による選挙で選ぶよう求める、憲法改正案を議会に提出した。ミャンマーメディアが14日報じた。 軍の政治関与を認めた現行憲法の改…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

新菱冷熱、ヨマセントラル空調工事を受注(03/26)

大和PI、地場アパレルECに出資(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

SIMカード購入は1人2枚まで、4月から(03/26)

国内初の富裕層向け映画館、ヤンゴンで開業(03/26)

国連人権理がEU決議案採択、緬は批判も(03/26)

ラカイン北部、国軍の銃撃で住民5人死亡(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン