軍系政党が憲法改正案、与党に対抗

【ヤンゴン共同】ミャンマーの軍系政党、連邦団結発展党(USDP)は13日、地方行政区である「地域」と「州」の首相を大統領の任命制から地方議会による選挙で選ぶよう求める、憲法改正案を議会に提出した。ミャンマーメディアが14日報じた。 軍の政治関与を認めた現行憲法の改…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

地場民間企業の8割、自然災害への備えなし(15:08)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

タイ周辺3国、人材が課題 人件費に利点も長期的視点が必要(09/16)

中国との国境貿易、橋襲撃後に運送費が高騰(09/16)

ラカイン州、タンドウェ空港が国際空港に(09/16)

中部でヤシ糖工場が稼働へ、日本などに輸出(09/16)

ヤンゴンのダラ新都市、韓国LHなどと覚書(09/16)

韓国の国民銀、低所得者向け住宅事業を支援(09/16)

東光電気工事、ベトナム・ミャンマー強化へ(09/16)

青果卸売MAEX、来年初めにも上場の意向(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン