京セラが売電事業参入へ、太陽光の収益改善

【共同】京セラの谷本秀夫社長は9日までに共同通信のインタビューに応じ、太陽光発電を導入している家庭から余剰電力を買い取って企業などに販売する「売電事業」に、2020年度に参入する意向を明らかにした。政府の固定価格買い取り制度(FIT)が今年11月以降に順次終了するの…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ベルジャヤ・ソンポ、収入保険料9.5%増目標(02/15)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/16)

NEDOが車再利用の実証 トヨタと協力、解体や制度設計で(02/15)

18年の固定資産投資は15%増 米企業の大型投資が押し上げ(02/15)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

テイクオフ:「働き方改革」が進む日…(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本の消費行動に似る香港人 JNTO薬丸所長に聞く(下)(02/15)

【プロの眼】日本人が海外赴任で直面するストレスとは(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン