京セラが売電事業参入へ、太陽光の収益改善

【共同】京セラの谷本秀夫社長は9日までに共同通信のインタビューに応じ、太陽光発電を導入している家庭から余剰電力を買い取って企業などに販売する「売電事業」に、2020年度に参入する意向を明らかにした。政府の固定価格買い取り制度(FIT)が今年11月以降に順次終了するの…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ピジョン販売代理店、今年は2桁成長を目標(05/24)

テイクオフ:マイカーは持たざる者と…(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

ADBが鉄道に27.5億ドル融資、過去最大(05/24)

【アジア三面記事】ごみ問題であわや戦争か(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

九州半導体協、SIPOと日台企業連携でMOU(05/24)

税制改革再考訴え続ける、日本人商工会会頭(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン