京セラが売電事業参入へ、太陽光の収益改善

【共同】京セラの谷本秀夫社長は9日までに共同通信のインタビューに応じ、太陽光発電を導入している家庭から余剰電力を買い取って企業などに販売する「売電事業」に、2020年度に参入する意向を明らかにした。政府の固定価格買い取り制度(FIT)が今年11月以降に順次終了するの…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

豊田織機、江蘇と山東でカーエアコン部品生産(13:48)

テイクオフ:「麻酔を打つのは、子宮…(10/14)

【書籍ランキング】9月26日~10月2日(10/14)

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ(10/14)

長大、バイオマス発電参入 ミ島北部で再生エネ開発を加速(10/14)

韓国で電動キックボード加速 大企業が投資、米ライムも上陸(10/14)

ダイソンがEV開発断念、採算合わず事業終了(10/14)

9月車販売は28%減の28万台 11カ月連続減、さらなる悪化に警戒(10/14)

太陽誘電、車載向けインダクター量産開始(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン