自動車大手6社が減益、4~12月は販売費増

【共同】自動車大手7社の2018年4~12月期連結決算が12日出そろい、米国の税制変更の反動や販売費の増加などで6社の純利益が前年同期比で減少した。このうちブレーキの検査問題などでリコール(無料の回収・修理)費用がかさんだSUBARU(スバル)は、米国での販売減もあり…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米ファストフード大手マ…(11/21)

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

トヨタが決済アプリ提供、顧客データ収集・活用(11/21)

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

【循環型経済】輸入規制、阻む資源再利用 中央大・佐々木教授に聞く(上)(11/21)

日野といすゞリコール、大型バス(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

日本2社、シドニー羽田便拡大 JAL初参入、ANAは1日2便(11/21)

NEXCO中日本、海外初の現法設立(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン