自動車大手6社が減益、4~12月は販売費増

【共同】自動車大手7社の2018年4~12月期連結決算が12日出そろい、米国の税制変更の反動や販売費の増加などで6社の純利益が前年同期比で減少した。このうちブレーキの検査問題などでリコール(無料の回収・修理)費用がかさんだSUBARU(スバル)は、米国での販売減もあり…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

ホンダ、模倣品対策に本腰 電動スクーターや部品で続く流通(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

JALとガルーダ、提携拡大 名古屋便など3路線で共同運航(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

1~3月の新車販売、11%増の26万台(04/25)

半導体事業を一部売却、パナソニックがロームに(04/25)

日系企業の景況感、高水準も低下=SMBC(04/25)

2019年3月のタイの新車販売台数(表)(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン