逆風春闘交渉スタート、自動車労組が要求書提出

【共同】自動車大手の労働組合は13日、経営側に春闘の要求書を提出し、2019年の労使交渉が本格的に始まる。米中貿易摩擦などの影響で世界経済に不透明感が広がっており、賃金面では労組に逆風となる厳しい交渉になりそうだ。 トヨタ自動車労働組合がベースアップ(ベア)に当たる賃…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日系生損保6社が参入へ 後発市場の活性化けん引(05/22)

首都空港、第2ターミナル建設を計画(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

南北鉄道の全2工区が着工 延伸合わせ事業費1.9兆円(05/22)

ミャンマー活性化へ、「みゃんこん」結成(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

船井電機、比で車載用バックライト量産へ(05/22)

中国事業「今秋から回復」、三菱電機社長(05/22)

マルチ・スズキを調査、値引き制限の疑い(05/22)

比看護師・福祉士候補生308人、来月日本へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン