ライオンは増収増益、東南アジアで販売好調

【共同】ライオンが13日発表した2018年12月期連結決算は、売上高が前期比2.0%増の3,494億円、純利益が22.6%増の256億円だった。東南アジアでボディーソープや洗濯用洗剤などの売れ行きが好調だった。殺虫剤事業や土地の売却も増益に貢献した。 タイでボディーソープや洗濯用洗剤…

関連国・地域: タイマレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

GDP成長率、1Qは4.5% 農業の急回復と家計消費が下支え(05/17)

RM=26.3円、$=4.16RM(16日)(05/17)

DNeX、ジョホール港から荷役アーム受注(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

PCBの精成、マレーシア新工場を下期に稼働(05/17)

マレーシア航空、日本向けチャーター便拡大(05/17)

MASウイングス、欧州企業と整備契約(05/17)

ハブライン、子会社がペトロナスと輸送契約(05/17)

19年の搭乗者数は1億550万人、航空委員会(05/17)

フォルクスワーゲン、下期に2モデル発売(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン