ライオンは増収増益、東南アジアで販売好調

【共同】ライオンが13日発表した2018年12月期連結決算は、売上高が前期比2.0%増の3,494億円、純利益が22.6%増の256億円だった。東南アジアでボディーソープや洗濯用洗剤などの売れ行きが好調だった。殺虫剤事業や土地の売却も増益に貢献した。 タイでボディーソープや洗濯用洗剤…

関連国・地域: タイマレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

農水省、マからの家禽肉の輸入一時停止解除(20:54)

MRT駅強盗、容疑者の男を逮捕(18:37)

テイクオフ:ビルの入館登録をするた…(02/19)

容積率の制限で地価低下も KL市、市場の持続的成長を模索(02/19)

りそなビジネスセミナー、2年ぶりに開催(02/19)

RM=27.0円、$=4.08RM(18日)(02/19)

タッチンゴーのRFID、登録者10万人突破(02/19)

MAB巡礼サービス、当面は既存機材で対応(02/19)

航空券予約は3週間前、木曜出発がお得(02/19)

サイバージャヤの開発事業、建設作業に遅れ(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン