• 印刷する

テイクオフ:徴税強化の足音は「ひた…

徴税強化の足音は「ひたひた」などと心づもりの余裕も与えず「バタバタ」とやってきた。政府は昨年11月に2019年度予算案を発表し、17年比で新旧税制の移行による約200億リンギ(約5,440億円)の間接税収減を、数字の上では約190億リンギの直接税収増で補う算段を示した。

今年に入って税務当局から企業、個人宛てに封書が届いた。「申告漏れがある場合は速やかに届け出を」。租税特赦を設け、未申告所得に対し時限措置として通常のペナルティ率を10%、または15%に引き下げるとの通知も。

会社のエレベーターでは税務職員と乗り合わせた。課税対象企業を一軒一軒当たっており、訪問リストを2人1組で確認していた。政府は「納税者100万人から総額100億リンギ」の徴収を見込んでおり、その本気度は高い。こちらに不備も後ろめたさもないが、バタバタには「ドキドキ」する。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

投資JCG、マレーシアの美容医療企業買収(05/22)

ジョ州との高速鉄道、9月まで建設延期で合意(05/22)

AIA、メディックスとア太で提携拡大へ(05/22)

Vテック、顧客がマレーシアへ生産移管計画(05/22)

エネ当局、発電公団のLNG輸入計画保留に(05/22)

テイクオフ:調理中、自宅のガス警報…(05/21)

介護素材を東南アジアで拡販 京都企業、マレーシアに工場(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン