• 印刷する

テイクオフ:たまに帰国すると日本の…

たまに帰国すると日本のマスク人口の多さに戸惑う。冬の東京などマスクをしていない方が少数派ではなかろうか。いくらインフルエンザがはやっているにしても、これはいささか大げさすぎるのでは。顔を隠さなければいけないほど後ろめたいこともしていないし、こちとらマスクなど必要ない。

そう思っていたら、まんまと風邪を引いた。清潔さが売りのはずの日本で、なぜ中国帰りの体が病原菌に感染するのか。幸いインフルではなかったものの、理不尽な思いを抱えながら、熱とのどの痛みでしばらく寝込む羽目になった。

ようやく回復したのは、中国へ戻る前々日。帰国中にやりたかったことの予定が大きく狂ってしまったが、その代わりに日本人らしさは少し取り戻せたろうか。空港へ向かう電車の中、車窓に映るマスク姿の自分は周囲に溶け込んでいるような気がした。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(05/24)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(05/24)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(05/24)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン