• 印刷する

日本祭り「絆フェス」、21~24日に開催

カンボジアの首都プノンペンで、21~24日に毎年恒例の日本祭り「日本カンボジア絆フェスティバル」が開催される。今年は「超体験」をテーマに文化交流を図り、2018年実績と同様の2万3,000人以上の来場を見込む。

在カンボジア日本大使館、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)、国際交流基金アジアセンターが共催する。会場はCJCC。イオンや全日本空輸、サタパナ銀行などがスポンサーとなる。

今回のテーマは「エクスペリエンス・トゥギャザー(一緒に体験しよう)」。コスプレや浴衣の体験、日本のうどんチェーン「丸亀製麺」が手打ちうどん作りの体験教室などを開く。

このほか民謡ガールズや、日本の若手ダンスグループ「エリア・ロック・スタイラー」が最新のダンスを披露する。日本の非営利団体(NPO)法人ワールドシップオーケストラは、アンコール・ユース・オーケストラと演奏する。

絆フェスティバルは、日本とカンボジアの文化交流を目的に12年に始まった。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カムコシティー計画、地場社が融資会社批判(17:44)

【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで(06/19)

石油管理法案、国会で可決(06/19)

ロイヤル、シアヌークビル州に発電所建設へ(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

オリンピア・シティーの高架歩道、今週開通(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

カンボジア投資のファンド業者に処分勧告(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン