• 印刷する

日本祭り「絆フェス」、21~24日に開催

カンボジアの首都プノンペンで、21~24日に毎年恒例の日本祭り「日本カンボジア絆フェスティバル」が開催される。今年は「超体験」をテーマに文化交流を図り、2018年実績と同様の2万3,000人以上の来場を見込む。

在カンボジア日本大使館、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)、国際交流基金アジアセンターが共催する。会場はCJCC。イオンや全日本空輸、サタパナ銀行などがスポンサーとなる。

今回のテーマは「エクスペリエンス・トゥギャザー(一緒に体験しよう)」。コスプレや浴衣の体験、日本のうどんチェーン「丸亀製麺」が手打ちうどん作りの体験教室などを開く。

このほか民謡ガールズや、日本の若手ダンスグループ「エリア・ロック・スタイラー」が最新のダンスを披露する。日本の非営利団体(NPO)法人ワールドシップオーケストラは、アンコール・ユース・オーケストラと演奏する。

絆フェスティバルは、日本とカンボジアの文化交流を目的に12年に始まった。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地方政府の予算倍増へ 内務省、職員6千人も配置転換(02/20)

投資法改正が再燃、当局幹部が言及(02/20)

商業省、コメ輸出業者に新制度活用呼び掛け(02/20)

首都で渋滞深刻化、公共交通の利用進まず(02/20)

「法の支配」ランク、再びワースト2位(02/20)

サム・レンシー氏に追加容疑2件、調査終了(02/20)

小口金融AMK、信用機構と提携し情報開示(02/20)

福祉政策予算の配分調整を、アジア開銀(02/20)

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン