上場企業の海外職員、自社株購入で規制緩和

中国人民銀行(中央銀行)と国家外貨管理局は12日、中国の上場企業が外国人従業員に対し、自社株を付与するインセンティブ制度を実施する際の新たな管理規定を発表した。これにより、海外の自己資金を中国に送金して自社株を購入する際の利便性が向上する。13日付北京商報が伝えた…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

グーグル、華為のスマホにソフト提供停止(05/21)

テイクオフ:上海女性の靴はぺたんこ…(05/21)

経済悪化ならてこ入れ策も 財政長官、中小支援と内需刺激(05/21)

新市場の「フグ」に熱視線 上海に料理店進出、輸出模索も(05/21)

佳世達、POSシステムの全生産を台湾移管(05/21)

香港の雇用市場に悪影響も、貿易摩擦激化で(05/21)

社員に購入奨励か、自動車不振でメーカー(05/21)

市場監管総局長に肖氏、国資委主任から転出(05/21)

米中貿易摩擦の激化、地場企業にも打撃(05/21)

肇慶市、香港人向け居住区を整備へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン