• 印刷する

テイクオフ:タイの国立の名門校であ…

タイの国立の名門校であるチュラロンコン大とタマサート大が毎年1回開催する、サッカーの伝統の一戦は、いつも全国メディアの目を引く。伝統の一戦という以上に、開会式でその時の政治や社会問題を風刺するパレードが面白いためだ。

今年は9日に開催。その前日にタイのウボンラット王女が首相候補に擁立され、さらにそれを深夜になって弟のワチラロンコン国王が批判するというドラマチックな流れで、例年以上に注目が集まった。低所得者へのばらまきや長引く大気汚染に有効な対策を打たない現政権への批判を込めた張り子には、会場から大きな歓声が上がった。

こうした風刺を真に受けて、「ばかな学生を社会に輩出している」と批判する人もいる。ただ彼らの独創性をたたえ、リラックスしてひとときのショーとして楽しむのが正しい観覧方法だと感じる。(人)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のアザーン(…(02/20)

18年のGDP成長率は4.1% 民間消費けん引、6年ぶり高成長(02/20)

ポルシェ大幅値下げ、今年の販売目標650台(02/20)

マプタプット港拡張、PTT・ガルフが応札(02/20)

サラブリ県でスマートバス、4月に運行開始(02/20)

不動産仲介ERA、コンド開発事業に参入(02/20)

Q4に住宅譲渡が急増、ローン規制控え(02/20)

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(02/20)

EGAT、10年間で2兆円を設備投資(02/20)

タイオイル決算、在庫損失拡大で6割減益(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン