• 印刷する

嘉里物流が食肉加工で合弁、香港工場を稼働

香港上場の物流大手、嘉里物流聯網(ケリー・ロジスティクス・ネットワーク)は12日、香港とマカオで食肉の供給を手掛けるサザーランド(Sutherland)との合弁で、香港初の「半自動化」食肉加工工場を18日に稼働すると発表した。豚肉や牛肉などを加工して外食企業などに供給する。13日付信報などが伝えた。

工場は嘉里物流が新界・葵涌に所有する物流施設の敷地内に設けた。総投資額は7,000万~8,000万HKドル(約9億8,600万~11億2,700万円)。敷地面積は3万平方フィート(約2,790平方メートル)で、5つの生産ラインなどを用いて豚肉や牛肉、鶏肉、羊肉などの加工を行う。処理能力は1カ月当たり750トンで、来年には2倍の1,500トンに引き上げる。供給先は外食企業やスーパーマーケット、ホテル、機内食業者を想定している。

嘉里物流の劉健培・総合物流担当副総裁はサザーランドとの提携について、「コールドチェーン事業の長期的な成長に向けた基盤づくりの一つ」と説明している。


関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地下鉄やバス、トラム、…(05/21)

経済悪化ならてこ入れ策も 財政長官、中小支援と内需刺激(05/21)

香港の雇用市場に悪影響も、貿易摩擦激化で(05/21)

2~4月の失業率、13期横ばいの2.8%(05/21)

肇慶市、香港人向け居住区を整備へ(05/21)

キャセイの4月旅客5%増、貨物は減少続く(05/21)

中環の道路料金徴収、6割超が支持=調査(05/21)

続落、スマホ銘柄に強い売り=香港株式(05/21)

スタンチャート、一帯一路の業務2桁成長へ(05/21)

週末住宅取引、新築は1割増の107戸(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン