〔政治スポットライト〕与野党、金融・安全保障政策で議論激化

オーストラリアの与党保守連合(自由党・国民党)と最大野党の労働党、またグリーンズ(緑の党)は、5月に実施される総選挙を前に、金融部門や国家安全保障分野での改革案の提示・議論を激化させている。王立委員会の最終報告書を受け、金融界の制度改革については各党が歩み寄る…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(15:09)

テイクオフ:「この曲を知っているか…(05/23)

アルバニージ氏が新党首濃厚 労働党、ボーエン議員が出馬辞退(05/23)

与党続投、豪財界は「エネ政策の安定を」(05/23)

中国投資50億$減、対中関係再構築が急務に(05/23)

豪株式、前日の高値から続伸(05/23)

資源BHP、WA州ニッケル資産を維持へ(05/23)

BHP、加カリウム鉱山の生産拡張は無謀?(05/23)

運輸トール、ネット購入者の要求増大で苦戦(05/23)

豪ウエストパック、住宅ローン事業から撤退(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン