• 印刷する

テイクオフ:日本の9倍近い広大な国…

日本の9倍近い広大な国土を有する土地柄ということもあり、当地着任後、泊まりの出張機会が格段に増えた。必然とホテルを利用する回数も増加。そのたびに星の数と予算を相談し、時には妥協しつつホテルを決めることになる。

シャワーがぬるい、湯量が少ない、ワイファイが突然不通になるといった状況は想定内。ルームサービスを頼んだ際に「きょうは品切れ」と、こちらの希望がことごとく却下され、同じメニューを食べ続けたこともある。

過去の経験から、中級の価格帯では大型の有名ホテルよりも客室数の少ないホテルの方がきめ細やかなサービスを受けられる印象で、最近はよく利用している。旅行人気の高まりなどを背景にホテル稼働率が上昇し、大手チェーンは相次ぎ値上げを予定しているというが、この動きが小型ホテルにも及び、さらに選択肢が狭まらないといいのだが。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/16)

新規オフィス入居が活発化 前年比17%増、過去8年で最高に(02/15)

米KKR、南部のオフィス整備に72億ルピー(02/15)

ボルボ、19年後半にPHVの組み立て生産(02/15)

米フォード、プネで相乗りサービスを開始(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

ホイールのマキシオン、タタ乗用車向け受注(02/15)

発動機キルロスカ、設備投資に15億ルピー(02/15)

印独合弁の窓枠大手、テランガナで工場稼働(02/15)

蓄電池アマララジャ、10~12月は2%減益(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン