開城工業団地の再開要求、米朝再会談で注目

【ソウル共同】韓国と北朝鮮の経済協力事業、開城工業団地の稼働中断から10日で3年が経過したことを受け、工場などを運営していた韓国企業でつくる「非常対策委員会」は11日、ソウルの国会議員会館で集会を開き、早期再開などを求める声明を発表した。 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ララムーブ、2年で黒字視野 価格競争よりサービスの質で勝負(02/20)

日本産鶏肉PRイベント、HCM市で開催(02/20)

プジョー、点検整備に2時間以上で代車提供(02/20)

ベトナム航空、「指さし会話帳」の提供開始(02/20)

鉛蓄電池の広隆、越工場ラインを2Q稼働(02/20)

配車アプリのタクシー並み規制検討、運輸省(02/20)

ビナケム、ラオスのカリウム塩事業から撤退(02/20)

屋根置き太陽光発電、各種の税優遇策(02/20)

ビンフオック省、ゴム園を太陽光発電に転用(02/20)

米国の玩具製造、中国から越へ移転の動き(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン