• 印刷する

ヒーローが新車両保険、バジャジに対抗

インドの二輪車最大手ヒーロー・モトコープは11日、新たな車両保険を発表した。購入から5年間、自損事故を補償する。競合するバジャジ・オートに対抗する狙いだ。ビジネス・スタンダード(電子版)が伝えた。

バジャジは、大幅な値下げにより、主にエントリーレベルの二輪車市場でシェアを伸ばしており、ヒーローにとって圧力となっている。バジャジは昨年の祭事期前に、5年間の自損事故補償に加え、各種無料サービスなどを盛り込んだ保険の提供を開始した。

インド自動車工業会(SIAM)によると、1月のヒーローの販売台数(出荷ベース)は前年同月比8.0%減の56万9,962台。一方、バジャジは20万3,358台で、24.7%増加した。市場全体では5.2%減の159万7,572台だった。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

消費者信頼感、2月は0.9ポイント低下(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン