国会上空でドローン飛行、フランス人を拘束

ミャンマーの警察は11日、首都ネピドーの国会議事堂撮影のためにドローン(小型無人機)を飛ばしたフランス人男性技術者(27)を逮捕したことを明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 在ミャンマー・フランス大使館によると、男性は7日に逮捕されたもよう…

関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人に株取引を開放へ ヤンゴン証取、活性化に道筋(07/15)

大和証券グループが未上場企業向けファンド(07/15)

チャウピュー深海港、環境影響評価始まる(07/15)

外銀選定のコンサル業務、外資系4社が関心(07/15)

1~6月の査証入国の外国人観光客、33%増(07/15)

通信・製造業への投資関心、16年以降拡大(07/15)

マンダレー王宮の修復事業、7社が関心表明(07/15)

シュエボー・コメ取引所、公開会社へ(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン