18年のKTは増収減益、無線事業が不振

韓国の通信大手KTが12日発表した2018年12月期の連結営業利益は1兆2,615億ウォン(約1,241億円)と前年同期比11.4%減った。人件費の上昇と無線事業の不振が響いた。売上高は23兆4,601億ウォンで1.6%増だった。 売上高を部門別にみると、無線事業は、低所得者層への割引料金の…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「休みでも家事や育児で…(06/26)

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(06/26)

経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ(06/26)

中小企業の9割、下期投資拡大せず(06/26)

SBI貯蓄銀行、モバイルサービス開始(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

ウリ金融、2022年までに完全民営化へ(06/26)

SKTとLG、5Gクラウドロボット開発(06/26)

ポスコケミカル、電池素材に10兆ウォン投資(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン