テト商戦、日系小売は堅調 伝統的な購買行動に変化の兆しも

ベトナムで小売業者にとって最大のかき入れ時となる旧正月(テト)商戦で、日系各社は今年も堅調な売り上げを記録したようだ。期間中に近代小売りの店舗がオープンしていることが定着したことで、来店者の傾向に変化が生まれつつあることが見て取れた。また、贈答用の詰め合わせ「…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

ネットフリックスが伸び悩み 支払い方法や違法サイトが壁に(02/21)

「MUJI」、20年にHCM市でオープンへ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

財務省、国内産の自動車部品の減税を要請(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

HCM市の重要交通インフラ、5件で遅れ(02/21)

サッポロ、再参入の中国市場「順調」(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

ズンクアット製油所、拡張計画が大幅に遅延(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン