和牛受精卵の流通を議論、農水省が検討会設置

【共同】農林水産省は8日、和牛の受精卵や精液などの遺伝資源について、適切な流通管理を議論する検討会を設置すると明らかにした。農水省は1月、和牛の受精卵や精液を不正に中国に持ち出したとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで大阪府の男性を大阪府警に刑事告発していた。 …

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(14:00)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(15:08)

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

地方大学でIT人材発掘 日本企業、AP州で就職説明会(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン