• 印刷する

テイクオフ:台湾人の義父が10元硬…

台湾人の義父が10元硬貨をポシェットに入れ、じゃらじゃらと音を立てながら、意気揚々と出かけて行く。目的は親戚の家で行う春節(旧正月)恒例の中国式ポーカー「十三張」。台湾では家庭内の小規模の賭博は合法で、ポシェットの10元硬貨はもちろん掛け金である。

十三張の基本的なルールはポーカーと同じだが、大きな違いは一人が5、5、3枚の3組の役を作ること。運や心理戦に加え、3組の役のバランス取りなど戦略性も要求される面白さが人々をやみつきにさせる。実際、義父たちはやがて卓上の戦いに没頭。中には席を立つのがおっくうになり、小学生の子どもに煙草を買いに行かせる者も現れる始末。

義父の成果はというと、帰宅後に初心者である私から散々巻き上げて、憂さを晴らす程の負けっぷり。来年の八つ当たりに備え、研さんを積む必要性を感じた新年の幕開けだった。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華航空スト収束、労使合意 既に職場復帰準備、欠航も解消へ(02/15)

ASUS、19年台湾スマホシェア13%目標(02/15)

デルタ、台湾高鉄のPISシステム受注(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

日月光控股、1月売上高は前月比10.5%減(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

科技部、人工衛星を毎年1基打ち上げへ(02/15)

中鋼董事長、19年は「前年と同様に好成績も」(02/15)

台プラ4社の1月売上高、台塑が前年同月比増収(02/15)

18年の農産品輸出、20年来の最高に(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン