• 印刷する

トヨタがMPV新モデル、初の現地デザイン車

トヨタ自動車は19日、インドネシアで多目的車(MPV)「キジャン・イノーバ」(2000cc、2500cc)の新モデル投入を発表した。現地のデザイナーが概念設計を本格的に手掛けた初のモデル。今年はイノーバの国内販売台数を月間6,000~7,000台に設定している。

新モデルの価格は2億375万~3億1,475万ルピア(約191万~294万円)。旧モデルからの値上げ幅は最大470万ルピアほどに抑えた。開発はインドネシア人顧客の要望聞き取りからスケッチなど概念設計を現地スタッフからなるチームが担当。日本とのやり取りや技術設計、サプライヤーとの調整などで実現に2年をかけた。

製造子会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)の野波雅裕社長は「現在は日本などが技術設計を担当しているが、将来的にインドネシアでも可能とする体制を整えたい」と語った。

現地販売会社アストラ・トヨタ・モーター(TAM)の今井栄幸副社長によると、新モデルは重厚な印象を与えるよう外装を変更。内装にも手を入れ、エアバッグなど安全装置を強化した。

キジャン・イノーバはキジャン・シリーズの第5世代に当たり、2004年に販売を開始。13年7月までに累計49万2,369台を販売した。ピックアップやミニバスの第1~第4世代を合わせると、1977年からの累計販売台数は155万8,256台となる。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

労組連、野党に雇用創出法の立法審査を要求(19:56)

OVO、来年は投資・保険会社との協業促進(19:12)

コロナ禍の失業1300万人も 通貨危機・リーマン後超える影響(10/23)

バンテン州全域の行動制限、1カ月延長(10/23)

観光業に240億円支援、ホテル飲食店(10/23)

ニコン、カメラ事業を代理店のみに切替(10/23)

石炭アダロ、下流事業で内外企業と合弁も(10/23)

オムニバス法、独禁法の五つの条項改正(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン