• 印刷する

テイクオフ:どこへ行くにも時間がか…

どこへ行くにも時間がかかるジャカルタ。渋滞による経済損失額は年間100兆ルピア(約7,800億円)に上ると言われている。配車アプリの登場でずいぶん楽にはなったが、渋滞解消は別問題。それどころか、予定されている二輪運賃の引き上げで自家用車の利用が増え、渋滞がさらに悪化するとの見方もある。

二輪運転手らによると、1キロ当たりの運賃は近く4割以上も引き上げられる見通し。ある大学の研究所が行った調査では、利用者の半数近くが1日当たり5,000ルピア以上、交通費が増えることに反対した。

多くの人が通勤・通学に配車アプリを使っているが、もともと車両を所有していた人も多い。値上げによる自家用車への切り替えはうなずける選択だ。各地で整備が進む公共交通インフラが、市民の主たる移動手段になり渋滞が解消されるには、まだ時間がかかりそう。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ副知事、党支部が候補者絞る(02/15)

道路公団、空港行き高速道路の料金改定延期(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本ハム、鶏・牛肉加工品を生産へ(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

アストラ、1月の自動車販売台数は8%減(02/15)

業界団体、首都の業種別最低賃金の撤廃要求(02/15)

MRT開業は3月24~31日の間に設定(02/15)

MRT2期工事の円借款、州政府が管理(02/15)

ガルーダ航空グループ、国内線を2割値下げ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン