越での開催「狙い通り」、米朝会談で河野氏

【ダバオ共同】河野太郎外相は10日、米朝首脳再会談のベトナム開催について、共産党一党支配の同国が経済発展を遂げたとして「金正恩朝鮮労働党委員長が目の当たりにして、正しい決断の大切さを認識してもらおうという本来の狙い通りになった」と述べた。フィリピン南部ミンダナオ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

太陽光開発ラッシュでひずみ 25年目標突破、送電追いつかず(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

FA機器市場に意欲、デモ機設置=三菱電機(07/22)

高級車の市場拡大へ、EVFTAの恩恵で(07/22)

ダナン空港、旅客増で拡張計画を修正方針(07/22)

野村不動産、HCM市ゼンプラザを完全取得(07/22)

HCM市、共有オフィス市場拡大=CBRE(07/22)

京セラ、ベトナム事業の重要性を強調(07/22)

ベトテル、1~6月の決算は増収増益(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン