在韓米軍駐留費、韓国の負担増額

【ソウル共同】韓国外務省は10日、在韓米軍の駐留費の負担割合を定めた特別協定について米国と妥結し、仮署名したと発表した。昨年の韓国側負担額は約9,600億ウォン(約935億円)だったが、今年は約1兆389億ウォンに増額。特別協定の有効期間は前回の5年から1年に短縮する。 大…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(16:44)

ガラス密閉容器の三光グラス、缶事業を売却(18:07)

サムスン電子のQLEDテレビ、販売が急増(17:44)

Eマート24が完全無人コンビニ、来年上期(17:44)

浸透する日韓の文化交流、映画祭の現場から(17:44)

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

テイクオフ:日本で韓国の国旗「太極…(07/22)

韓国半導体が「脱日本」推進 材料を国産化、品質に課題も(07/22)

有識者ら、日本の追加措置に危機感も(07/22)

R&D支援・延長労働許容へ、輸出規制受け(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン