生ごみと汚泥でバイオガス生成、大埔で実験

下水道や排水を管轄する香港政府渠務署は、生ごみと汚泥を同時に処理してバイオガスを生成する実験を、第2四半期(4~6月)にも新界・大埔の下水処理施設で始める。メタン発酵(嫌気性消化)によって得られるバイオガスは、従来に比べ3割増える見通し。香港経済日報などが伝え…

関連国・地域: 香港
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港の総人口、0.9%増の748万人に(11:34)

テイクオフ:買い換えたスマートフォ…(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

大湾区都市の役割明確化、政財界が歓迎(02/20)

マカオの優位性をさらに発揮、大湾区(02/20)

デベロッパー各社、大湾区での土地取得加速(02/20)

HSBCの18年決算、税引き前純益16%増(02/20)

反落、HSBCが2%超える下げ=香港株式(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン