生ごみと汚泥でバイオガス生成、大埔で実験

下水道や排水を管轄する香港政府渠務署は、生ごみと汚泥を同時に処理してバイオガスを生成する実験を、第2四半期(4~6月)にも新界・大埔の下水処理施設で始める。メタン発酵(嫌気性消化)によって得られるバイオガスは、従来に比べ3割増える見通し。香港経済日報などが伝え…

関連国・地域: 香港
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:じっとりした海風に乗っ…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

海外留学の問い合わせ増加、条例改正巡り(06/27)

香港民主派G20前に集会、政府へ圧力(06/27)

土地共有計画に遅れか、黄発展局長(06/27)

香港テナント市場、下期に調整期入り=中原(06/27)

明基傘下の美若康コンタクト、香港市場進出(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン