• 印刷する

セントラルのカーケア、3年で国内首位へ

タイの流通大手セントラル・グループ傘下の建材販売店CRCタイワサドゥは、昨年に営業を開始したカーケア店「オートワン」の出店を加速させ、3年以内に店舗数と売上高で国内首位を目指す。11日付ポストトゥデーが報じた。

ロビンソンなどセントラル系列の百貨店に出店するほか、大型の旗艦店、独立店、研修センターの開設も計画。年間10~15カ所のペースで増設する。1店舗当たりの開設費用は400万~1,200万バーツ(約1,400万~4,200万円)。店舗の増設に合わせ、今後3年間は毎年5,000万バーツをマーケティングに投じて顧客基盤の拡大を図る。現在の店舗数はホームセンター「タイワサドゥ」のバンコク北郊パトゥムタニ店の敷地内など3店。

国内のカーケア店市場は300億バーツ規模。年間5%のペースで拡大している。タイヤ修理をメインとする従来型店舗が70%、最新設備を備えた近代型店舗が30%だが、5年後にはこの比率が逆転するとみている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは中間所得層の拡…(06/17)

起業家の大型支援施設に期待 東南ア最大規模、仕事と生活一体(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

凸版印刷、デジタル化支援で現法設立(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

プーケット、次世代都市開発で米MSと協力(06/17)

米国、5G整備でタイ市場参入を模索(06/17)

テンセント、タイでWeTVを正式に開始(06/17)

5月の新規バイク登録、4.4%減の16.1万台(06/17)

19年5月のタイの新規バイク登録台数(表)(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン