完成工事高、4Qは前年同期比4.1%に失速

マレーシア統計局が11日発表した建設統計によると、2018年10~12月(第4四半期)の完成工事高は365億リンギ(約9,856億円)で、前年同期比で4.1%増加した。伸び率は前期(18年7~9月)の5.2%から1.1ポイント縮小した。 民間部門が205億リンギで、公共部門が160億リンギだった…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スズキの四輪販売再開か、ベルジャヤが模索(19:55)

小売業界の売上高、1Qは3.8%増加(19:56)

ブラヒムズ、レトルト食品の販売10%増目標(19:56)

テイクオフ:首都クアラルンプールに…(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

空港税問題、高裁がエアアジアに支払い命令(07/22)

首都圏で19日に断水、契約者117万件に影響(07/22)

RM=26.1円、$=4.11RM(19日)(07/22)

格付け「Aマイナス」で据え置き、フィッチ(07/22)

一帯一路への参加は慎重に検討を、元貿産相(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン