上場商銀、18年の貸付6%増 今年は拡大継続も減速見通し

タイ証券取引所(SET)に上場する商業銀行11行(金融持ち株会社含む)の2018年12月期決算(監査前)が出そろった。純利益が合算で前期比8.6%増の2,028億バーツ(約7,153億円)、貸付残高は5.7%増加した。タイ経済の好調さを背景に、純利益は17年のマイナス成長からプラスに転…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

NEDOが車再利用の実証 トヨタと協力、解体や制度設計で(02/15)

大型バイク販売会、カワサキは3モデル発表(02/15)

車販売マスター、5G普及見込み新事業計画(02/15)

【「スポーツ×アジア」の新時代】タイ人が日本の地方都市に注目するワケ(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

三洋化成、帯電防止剤の生産に36億円(02/15)

家具TCM、英ブランドを米国に輸出(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

タイ国境、3月から冷凍肉・魚の輸入停止(02/15)

蛇口のオーシャン、子会社2社を設立(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン