• 印刷する

19年経済も見通し前向き=フエ副首相

ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相はこのほど、2019年のベトナム経済の見通しについて、昨年に引き続き堅実さを維持するとの見通しを示した。ただ、事業環境や国営企業についての課題も指摘している。ベトナムネットが伝えた。

フエ副首相は国営ベトナム通信(VNA)のインタビューに応じた。まず18年のベトナム経済について、国内総生産(GDP)が前年比7.08%増となったこと、1人当たりGDPが約2,600米ドル(約28万6,000円)と前年よりも約200米ドル増えたことを指摘。加工・製造業がけん引役となって堅調に推移したと強調した。

同副首相は19年のベトナム経済も、着実に成長を遂げると見通したが、経済成長を求めるだけでなく「マクロ経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)の強化」と「インフレ率の抑制」の重要性も指摘。また、世界的な貿易戦争の激化による不測の事態に備えるため、経済政策の堅実な運用が必要だと説明した。

また、具体的な課題として、「民間企業の投資・事業環境」の整備と、「国営企業の再編と株式化」の促進を挙げた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

海洋のプラごみに強まる懸念 「廃棄物が世界4位」の統計も(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

エミレーツ航空に罰金1500万ドン(02/15)

携帯各社に販促の一時停止を命令、政府(02/15)

PPP方式の高速道、試行停止で費用返還(02/15)

グラブ競争法違反問題で新証拠、調査継続へ(02/15)

HCMメトロ、20年10月までには試運転を(02/15)

ロンタイン空港、年内に調査完了を=副首相(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ベカメックス、ビンズオン水道社株売却へ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン