• 印刷する

ヨマ、飲食YKKOを傘下に=株式65%取得

ミャンマーの大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下でシンガポール取引所(SGX)上場のヨマ・ストラテジック・ホールディングスは11日、ミャンマーの外食大手YKKOの株式65%を取得する計画を明らかにした。

ヨマの声明によると、2018年9月30日時点のYKKOの有形固定資産は約62億2,000万チャット(約4億4,400万円)。ヨマは、YKKOの現在と将来的な利益などを考慮し、条件が合い次第、約194億チャットを支払う。資金は内部留保と先ごろ調達した資金で賄うという。

ヨマのメルヴィン・パン最高経営責任者(CEO)は「YKKOは家族で経営する一介の食堂から国内トップクラスの人気飲食ブランドに成長した。YKKOのさらなる成長を支援できることを誇りに思う」と話した。

YKKOは1988年創業の国内最大の飲食店チェーン。最大都市ヤンゴン、第2の都市マンダレー、首都ネピドー、中部バゴー管区バゴー、東部モン州モーラミャインの5都市で計37店舗を展開している。米粉で作る平麺が看板メニューだ。ミャンマー料理のほか、中国料理やタイ料理も提供している。

ヨマはこれまでに、米系ファストフードチェーン「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」、米国のプレッツェル店「アンティ・アンズ」、中国最大級の火鍋専門店「小肥羊(リトルシープ)」をミャンマー国内で展開している。

ヨマが株式の65%を取得する飲食チェーンYKKOの店舗=11日、ヤンゴン(NNA)

ヨマが株式の65%を取得する飲食チェーンYKKOの店舗=11日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

コータウン空港改修で再入札 落札の地場航空会社が権利放棄(06/17)

トヨタ、ミャンマーで新型アバンザを発売(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

NEXI、商社2社のティラワ港出資に保険(06/17)

ヤンゴン、一部地域で計画停電6時間に延長(06/17)

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/17)

携帯決済オンゴー、小口金融BRACと提携(06/17)

金融規制局、金融包摂ロードマップを発表へ(06/17)

児童60万人以上が危険労働に従事=ILO(06/17)

ヤンゴンで手榴弾を模した不審物、一時騒然(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン